日々。

日記とひとりごと

武蔵野ワークスさんの香水

武蔵野ワークスさんの香水を購入しました。
1mlボトルで香りを試せるということで、気になった物を数本購入。

香水の粉っぽく感じる香りがかなり苦手なのですが、線香・お香・アロマオイルあたりの香りモノは大好き。
香水もロクシタンのヴァーベナ系は粉っぽさを感じないので使ってます。

武蔵野ワークスさんの香水を購入した一番の動機は、『くちなし』があったこと。
くちなしの花の香りが子供の頃から大好きで、その香りの香水を探して色々調べてたところでした。
手首に少しだけつけてみると、自分の周りにくちなしの木が生えている空気感になってすごくよかった…
ちょっと香りが強め(普通の香水よりは弱いと思いますが)なので、少しずつ使っていきたい。
TAMANOHADAのボディーソープもくちなしの香りがあっておすすめ(TAMANOHADAはイチジクもとても好き)。

あと、森のにおい…というか苔系の香りが好きなので、樹海と静寂を試してみました。
樹海は結構香水っぽさがあってイメージと違いましたが、静寂はトップが苔系~ベースがお香系のイメージでとてもよかった。
苔系の香り、LUSHの『The Smell of Weather Turning』が一番好みで、復活したのを見て買おうか悩んでいるうちに完売していた悲しみ…
以前は練り香水を買ったので香水だと価格的にもちょっとハードルが高かったんですよね…
しかもいい香りではないので家で楽しむくらいしかできなさそうなのがネックだった……今回購入した静寂は普段使いもできそう。

他にもスズランなど購入してみたので少しずつ試しつつ、くちなしと静寂はミニボトルを買おうかなと検討中です。